【育成論】特殊スカーフドラパルトの調整【ポケモン剣盾】

f:id:mosamon:20191219211209j:plain

【基本ステータス】

<ドラパルト>

タイプ:ドラゴン / ゴースト

特性クリアボディ / すりぬけ / のろわれボディ(夢)

種族値H88-A120-B75-C100-D75-S142

 

 

 

 

【前提ステータス】

特性:すりぬけ

持ち物こだわりスカーフ

技構成りゅうせいぐん/シャドーボール/だいもんじ/10まんボルト

 

-----

こだわりスカーフを持たせることによって、並大抵のスカーフアタッカーや積みアタッカーをさらに上から叩ける素早さを確立したドラパルトです。

攻撃面の種族値は特殊よりも物理方面に秀でていますが、スカーフアタッカーとしては技範囲があまりにも狭く、高い素早さを活かした運用が難しいため、特殊アタッカーとしての運用を考えました。

 

また、元々剣盾に登場するポケモンの中でもトップクラスの素早さ種族値を有しているため、素早さに割く努力値を細かく調整することで、明確に役割対象を見据えて運用することが可能です。

本記事では、比較的素早さの数値を控えめにした調整を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

【調整案①】

性格:ひかえめ(特攻↑攻撃↓

努力値H92-B36-C236-D4-S140

実数値H175-A不問-B100-C165-D96-S180

 

 

 

-Sライン- ※()内は実数値

・からやぶ使用最速パルシェン、ポットデス(268)抜き

・最速×1.5サザンドラ(247)抜き

・最速×1.5ヒヒダルマ(241)抜き

・最速×1.5ドリュウズ(231)抜き

・最速×1.5FCロトム226)抜き

・最速×1.5ギャラドス(219)抜き

・最速×1.5トゲキッス(217)抜き

・最速ドラパルト(213)抜き

 

 

 

-物理耐久- ※()内は最大HPに対するダメージ割合

・からやぶ使用特化パルシェンこおりのつぶて確定2発(83.4%〜99.4%)

・A187ドリュウズじしん確定2発(60.5%〜72%)

・A187ドリュウズダイアース確定2発(77.7%〜92.5%)

・特化ドリュウズダイアース低乱数1発(86.2%〜101.7%)

・A177ギャラドスダイジェット確定2発(74.2%〜88%)

・特化ギャラドスダイジェット確定2発(81.1%〜96%)

・A112(最低値)タイプ一致イカサマ確定2発(68.5%〜82.2%)

・A142珠ミミッキュじゃれつく確定1発(108.5%〜129.1%)

・A142珠ミミッキュシャドークロー確定2発(84.5%〜99.4%)

・A142珠ミミッキュかげうち高乱数2発(49.1%〜57.7%)

 

 

 

-特殊耐久- ※()内は最大HPに対するダメージ割合

・C172トゲキッスダイジェット確定2発(75.4%〜89.1%)

・特化FCロトムあくのはどう確定2発(62.8%〜74.2%)

・特化眼鏡FCロトムあくのはどう中乱数1発(92.5%〜109.7%)

・特化FCロトムダイアーク確定1発(100.5%〜118.8%)

・特化眼鏡ウォッシュロトムハイドロポンプ中乱数2発(48%〜56.5%)

 

 

 

 

 

 

 

-火力面- ※()内は最大HPに対するダメージ割合

だいもんじH4振りヒヒダルマ確定1発(100.5%〜119.3%)

だいもんじ無振りドリュウズ低乱数1発(86.4%〜102.7%)

だいもんじH252-D4振りナットレイ確定1発(112.7%〜132.5%)

だいもんじH252-D4振りアーマーガア確定2発(63.4%〜75.1%)

りゅうせいぐん無振りドラパルト確定1発(155.8%〜185.2%)

りゅうせいぐん無振りサザンドラ確定1発(130.5%〜155.6%)

りゅうせいぐんH252振りサザンドラ確定1発(109.5%〜130.6%)

シャドーボール無振りドラパルト高乱数1発(96.9%〜115.3%)

シャドーボール皮ダメ込みH4振りミミッキュ確定1発(104.3%〜125.2%)

シャドーボールH252振りFCロトム確定3発(36.9%〜44.5%)

10まんボルトH4振りギャラドス確定1発(109.9%〜130.9%)

10まんボルトH4振りダイマックスギャラドス確定2発(54.9%〜65.4%)

10まんボルトH4振りトゲキッス確定2発(52.1%〜62.1%)

10まんボルトH4振りダイマックストゲキッス確定4発(26%〜31%)

10まんボルトH252-D4振りドヒドイデ低乱数2発(44.5%〜53.5%)

 

 

 

-----

性格補正を特攻にかけて、比較的素早さを抑えた配分です。

スカーフドラパルトの主な役割として「積みアタッカーストッパー」が挙げられますが、その積みアタッカーの代表格であるパルシェンを強く意識した調整となります。

1回殻を破ったパルシェンを上から特殊攻撃で叩くことができ、氷の礫を耐える調整を施しているため、ほぼ確実に仕留めることができます。

 

ただし、素早さを抑えているため、からやぶパルシェンより速いポケモン、例えばすなかきドリュウズスカーフドラパルトミラーなどには弱くなっています。

性格補正を素早さにかけてある程度の努力値を割くことで、そういったポケモンに対しても役割を持つことができますが、元々足りない火力がさらに削られてしまうので注意です。

 

 

⇒ポケモン剣盾育成論一覧へ

 

 

【あとがき】

中速スカーフ、積みアタッカーへのメタとして非常に優秀なポテンシャルを秘めているスカーフドラパルトですが、やはり火力不足感は否めませんね。

技範囲の狭さ故に120というA種族値を活かせないのがもどかしいところです。

 

スカーフドラパルトは今後、環境の遷移と共に数を増やしていくポケモンだと思っています。

それに応じて、ミラー意識の最速スカーフドラパルトも選択肢として上がってきそうですね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

改善点、ご指摘等ございましたら、コメントかTwitterまでご連絡いただけると嬉しいです。

twitter.com