【デッキレシピ】モルペコV / リーリエのピッピ人形【ポケカ】

もさもんです。

 

ポケモン剣盾が発売し、いよいよポケカも新シリーズへと突入しましたね。

まだ新レギュレーションでのデッキ構築は手探り状態ですが、早速12月6日(金)発売の拡張パック「ソード / シールド」にて登場する新カードを採用したデッキを考えてみました。

今回紹介するのはこのカードです!

 

f:id:mosamon:20191204144823j:plain

 

 

-----

<モルペコV> HP170 雷タイプ

 

[無] スパーク 20

 相手のベンチポケモン1匹にも、20ダメージ。(ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。)

[雷雷無] エレキホイール 150

 このポケモンについているエネルギーを1個選び、トラッシュする。その後、このポケモンをベンチポケモンといれかえる。

 

[弱点: / 抵抗力: / 逃げる:〇〇]

-----

 

 

 

新登場したポケモンVの1枚「モルペコV」です。

1エネで相手のベンチにも飛び火するスパークと、150ダメージを与えてベンチと交代するエレキホイールの2つの技を持っている雷タイプのポケモンVです。

今回は下技エレキホイールを主とした構築を考えてみました。

 

 

 

【デッキレシピ】

f:id:mosamon:20191204150244p:plain

 

 

 

 

 

 

 

【デッキ解説】

 

 <モルペコV>

f:id:mosamon:20191204150525j:plain

 

このデッキの主役となるカードです。

比較的HPが低めなポケモンVですが、下技エレキホイールによってダメージを与えつつベンチに下がることで、返しで倒されてしまうリスクを回避することができます。

このエレキホイールと相性のいいカードとして、次のカードを採用しました。

 

 

 

<リーリエのピッピ人形>

f:id:mosamon:20191204150933j:plain

 

エレキホイールによってこのカードと入れ替わることによって相手にサイドを取らせない動きを狙います。

剣盾シリーズでは現状、グズマのようにベンチポケモンを引きずり出すトレーナーズが少ないので、このカードも比較的扱いやすくなりました。

 

 

 

<モルペコVMAX>

f:id:mosamon:20191204151343j:plain

 

モルペコVから進化できるポケモンVMAXです。 

性能自体はそれほど強力なわけでなく、モルペコV+ピッピ人形のギミックとシナジーがあるわけでもないですが、モルペコV主体のデッキなので隠し味として1枚採用しました。

 

 

 

 

 

 

 

<カプ・コケコV>

f:id:mosamon:20191204152030j:plain

 

雷タイプのもう1枚のポケモンVです。

3エネで200ダメージという高火力からサブアタッカーとして活躍できるほか、逃げエネ0なのでクッションになったり、序盤のドローソースにもなれる等、幅広く活躍できる優秀なカードです。

 

 

 

<オドリドリGX>

f:id:mosamon:20191204152310j:plain

 

リーリエのピッピ人形が倒された場合もポケモンがきぜつした」判定になるので、たむけのまいを使用することができます。

ピッピ人形を身代わりにしながら戦うこのデッキとはとても相性のいいカードです。

GXなのでグレートキャッチャーには捕まってしまいますが、グズマがいない環境であることもこのカードにとって追い風です。

 

 

 

<メイ>

f:id:mosamon:20191204153152j:plain

 

オドリドリGX同様、リーリエのピッピ人形と相性のいいカードです。

後続のピッピ人形に加えてエネルギーもサーチできるので、エレキホイールのコストも補うことができます。

 

 

 

<デンジ>

f:id:mosamon:20191204152941j:plain

 

雷タイプ主体のデッキの定番サポートです。

今回の構築ではリーリエのピッピ人形をサーチする手段としても重宝するので、4枚採用としました。

 

 

 

 

 

 

 

【あとがき】

ポケモンVは現状、ポケモンVに関するトレーナーズや特性が少ない代わりに高火力と高HPを持つことがメリットとされている印象ですね。

ちなみに今回紹介したのはモルペコVでしたが、個人的に1番気になったのはヤミラミVでした。

 

f:id:mosamon:20191204154250j:plain

 

 今後、このヤミラミVのデッキについても紹介できればと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ご意見、ご指摘等ございましたら、コメントかTwitterまでご連絡いただけると嬉しいです。

twitter.com