ポケカレシピの蔵

デッキレシピ格納庫

【デッキレシピ】オーロット&ヨノワールGX【ポケカ】

もさもんです。

 

先日、ポケカ公式HPにて、ハイクラスパック『タッグオールスターズ』の情報が公開されました。

今回はその中から、新規カードの <オーロット&ヨノワールGX> を使用したデッキを考えてみたので紹介します。

 

f:id:mosamon:20190921175145p:plain

 

 

---------------------------------------------------------

<オーロット&ヨノワールGX> HP270 タイプ

 

超超超] ナイトウォッチャー 150

 相手の手札からオモテを見ないで2枚選び、そのカードのオモテを見てから、相手の山札に戻して切る。

無+] ペイルムーンGX

 次の相手の番の終わりに、このワザを受けたポケモンはきぜつする。追加で超エネルギーが1個ついているなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを、すべてトラッシュする。(対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。)

 

[弱点:悪 / 抵抗力:: / 逃げる:〇〇〇]

---------------------------------------------------------

 

 

 

【単体考察】

150点で殴りつつ、2枚のハンデス効果を与える「ナイトウォッチャー」と、次の番の終わりに相手のポケモンを無条件で気絶させる「ペイルムーンGX」という2つの技を持っています。

<ムサシとコジロウ> や <マーシャドー>といったハンデス系のカードと組み合わせた、相手の動きを妨害するタイプのデッキになるかと思います。

それ以外でも、例えば <ウルトラネクロズマGX> 等のカラマネロ系統のデッキに1枚忍び込ませてサブアタッカーとして運用したり、終盤でリセットスタンプと組み合わせて相手の手札を枯渇させるといった動きを狙うことも可能です。

 

GXワザの「ペイルムーンGX」については、相手のポケモンを無条件で気絶させるという強力な技ですが、次の相手の番終了時という条件があるので、それまでにこの技を受けたポケモンがベンチに下がったり手札に戻ったりしてしまうと効果がリセットされてしまいます。

無駄撃ちを避け、確実に気絶させるためには <アブソル> や <ラナキラマウンテン> 等で逃げづらくしたりハンデス系のカードで相手の動きを止めるといった工夫が必要になり、なかなか運用の難しい技になっています。

 

 

【デッキレシピ】

f:id:mosamon:20190921182957p:plain

 

 

 

⇒デッキレシピ一覧へ

 

 

 

 

 

 

【デッキ解説】

 無難にハンデス系のカードと組み合わせてみました。

やぶれかぶれ⇒ムサシとコジロウ⇒ナイトウォッチャーの流れで相手の手札を確実に枯らすことができるので、基本的にこの動きを狙って相手を止め、一方的に理不尽に殴り続けるというコンセプトです。

 

 

 

<マーシャドー

f:id:mosamon:20190921183606j:plain

 

場に出るだけで相手の手札を4枚に減らせるので、オーロット&ヨノワールGXと相性のいいポケモンです。

特性使用後は完全に置物と化しますが、このデッキの主役といってもいいカードであり、単体で見ても非常に強力なカードなので3枚採用としました。

 

 

 

<ひかるミュウ>

f:id:mosamon:20190921184139j:plain

 

今回はエネルギー加速手段としてこのカードを採用しました。

カラマネロにしなかった理由としては、マーシャドーシルヴァディGXなど、ベンチに置きたいポケモンを多く採用していることから、ベンチに複数並べることを前提としたカラマネロとは相性が悪いと感じたためです。

 

 

 

<シルヴァディGX>

f:id:mosamon:20190831171315j:plain

 

マーシャドーやムサシとコジロウは自分の手札も減らしてしまうので、特性「ディスクリロード」によってサポート権を使わずに手札補充を行えるこのカードが相性が良いと感じました。

 

 

 

<カプ・テテフGX>

f:id:mosamon:20190921184918j:plain

 

やぶれかぶれ後にムサシとコジロウを持ってくるという非常に重要な役割を担っているので、比較的多めに3枚採用としました。

 

 

 

<オドリドリGX>

f:id:mosamon:20190907212224j:plain

 

シルヴァディGX同様、サポート権を使わずに手札補充できるカードとして採用しました。

メインがタッグチームかつGXポケモンを多投している構築なので、特性の使用回数はそれほど多くならないと思いますが、1~2回使えれば十分な仕事量です。

 

 

 

<アブソル>

f:id:mosamon:20190921185510j:plain

 

オーロット&ヨノワールGXのGXワザ「ペイルムーンGX」を受けた相手ポケモンを逃げづらくさせます。

単体で見ても強い特性ではありますが、無理に採用するカードではないので、他に枠を割いてもいいと思います。

 

 

 


 


 

 

 

 

【あとがき】

 以上、オーロット&ヨノワールGXデッキの紹介でした。

とても面白い性能をしたポケモンだと思うんですけど、この手の妨害系デッキはどうしても対面で行うカードゲームだと出し渋ってしまいますね。。。

 

それはそうとタッグオールスターズ、現状判明している再録カードだけでも非常に豪華なパックになっていますね。

ジラーチデデンネGXといった汎用カードが手に入りやすくなるのは、新規ユーザーに優しいのはもちろん、いろんなデッキを組んで遊びたいヘビーユーザーにとっても嬉しいことですよね。

発売が待ち遠しいです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 ⇒デッキレシピ一覧へ